タ~ハ行

バーンストーマーの特徴

バーンストーマーは1977年ブランドディレクターの海老根紋郎の父親が設立したパンツに特化したカジュアルメーカーです。

当時純国産のパンツがほとんどなかったため、高いクオリティを誇るアメリカ製のものと変わらないクオリティのパンツは爆発的なヒットとなりました。

2000年にブランド活動を停止しましたが、2014年に復活を遂げています。大人がはけるカジュアルパンツをメインコンセプトとし、チノパンを中心に幅広い世代が愛用できるラインナップを展開中です。主流はメンズパンツですが、レディースパンツラインも発表されています。

メンズファッション紙で数多く紹介されている日本を代表するブランドとして注目され続けています。

関連記事

  1. タ~ハ行

    テックステックの特徴

    美しい紳士という言葉が合う大人の男性のファッションとして名高いブランド…

  2. タ~ハ行

    ノリコイケの特徴

    ノリコイケは小池のり子氏によるニットやカットソーを中心とした日本のブラ…

  3. タ~ハ行

    タンの特徴

    日本で活動を広げているファッションブランドのタン(TAN)は、2015…

  4. タ~ハ行

    パーミニットの特徴

    日本発のブランド「パーミニット」は、今のファッション界に新しい波をもた…

  5. タ~ハ行

    ニコロンの特徴

    ニコロンはモデルの藤田ニコルが創始し、2018年2月18日渋谷109店…

  6. タ~ハ行

    ブソルの特徴

    ブソル(boussole)とは日本を拠点に活動をしているニットブランド…

注目記事

  1. ア~サ行

    アイの特徴
  2. ア~サ行

    アイシービーの特徴
  3. マ~ワ行

    マリオン ヴィンテージの特徴
  4. タ~ハ行

    タンの特徴
  5. マ~ワ行

    ミルクの特徴
PAGE TOP