タ~ハ行

バーンストーマーの特徴

バーンストーマーは1977年ブランドディレクターの海老根紋郎の父親が設立したパンツに特化したカジュアルメーカーです。

当時純国産のパンツがほとんどなかったため、高いクオリティを誇るアメリカ製のものと変わらないクオリティのパンツは爆発的なヒットとなりました。

2000年にブランド活動を停止しましたが、2014年に復活を遂げています。大人がはけるカジュアルパンツをメインコンセプトとし、チノパンを中心に幅広い世代が愛用できるラインナップを展開中です。主流はメンズパンツですが、レディースパンツラインも発表されています。

メンズファッション紙で数多く紹介されている日本を代表するブランドとして注目され続けています。

関連記事

  1. タ~ハ行

    フランクウィーンセンスの特徴

    フランクウィーンセンスは2008年に立ち上げられた海外ブランドの子会社…

  2. タ~ハ行

    フレイ アイディーの特徴

    人気レディースファッションブランドであるフレイ アイディーはウサギオン…

  3. タ~ハ行

    ヌキテパの特徴

    店内のやバリアフリー、外観等の一つ一つの要素を高度化して、活用しやすい…

  4. タ~ハ行

    タンの特徴

    日本で活動を広げているファッションブランドのタン(TAN)は、2015…

  5. タ~ハ行

    ニコパンダの特徴

    ニコパンダ(NICOPANDA)は、2012年にデザイナーとして活躍し…

  6. タ~ハ行

    パイドパイパーの特徴

    パイドパイパーとは日本において1993年に設立されたファッションブラン…

注目記事

  1. タ~ハ行

    タンの特徴
  2. マ~ワ行

    マリオン ヴィンテージの特徴
  3. タ~ハ行

    ティアラの特徴
  4. マ~ワ行

    ミルクの特徴
  5. ア~サ行

    アイシービーの特徴
PAGE TOP