タ~ハ行

バトナーの特徴

日本ではほとんど使われなくなったニットを編む手法を採り入れているバトナーは、古き良き伝統を継承したニット作りを行っているのが特徴です。

ニット製品は、素材感や編み方によって変わってくる質感が大切ですので、バトナーでは製品を原料から仕上げまでの全工程に関して、密接に連携が行える地域で生産が行われます。

素材と編み方に拘りを持っていますので、秋冬に使えるニットから春向けのニットまで様々な場面で使える物が揃っており、カラフルな製品やしっかりと防寒が出来る製品など幅広いラインナップが揃っています。

アルパカやカシミヤ、ウールなど季節や用途に応じて使い分けたり、配合の比率を変えたりする事で、バトナーらしい製品が提供されます。

関連記事

  1. タ~ハ行

    プライマルコードの特徴

    プライマルコード(PRIMALCODE)は2017年に日本で立ち上げら…

  2. タ~ハ行

    ブソルの特徴

    ブソル(boussole)とは日本を拠点に活動をしているニットブランド…

  3. タ~ハ行

    ニッチーの特徴

    ブランドとしては比較的新しく特徴として新静電気を抑えて、見た目もスタイ…

  4. タ~ハ行

    ディセイブの特徴

    ディセイブは国内レディースファッションブランドで、2010年9月から活…

  5. タ~ハ行

    バイオグラフィーの特徴

    バイオグラフィーとは、現役のサーファーによって誕生した日本生まれのファ…

  6. タ~ハ行

    ノーベスパジオの特徴

    ノーベスパジオは株式会社サンエー・インターナショナルが展開していたブラ…

注目記事

  1. マ~ワ行

    マリオン ヴィンテージの特徴
  2. タ~ハ行

    タンの特徴
  3. ア~サ行

    アイの特徴
  4. マ~ワ行

    ミルクの特徴
  5. タ~ハ行

    ティアラの特徴
PAGE TOP